Menu
HOME>記事一覧>若手の進出が増えていてキャリア形成に繋がっています

正規雇用の道も

かつて社会問題となっていたのが、介護業界の離職率でした。三年続ける従事者が少なく、キャリア形成の面でも大きなダメージとなっていました。最大の要因と言われていたのが、実際に働き出してからのギャップです。低賃金な時代があり、キツいと感じて辞めるケースが後を立ちませんでした。それを変えてくれたのが、派遣という選択肢です。介護士の派遣求人は引く手あまたで、正規はもちろん短時間のパートとして働くことも可能です。

希望が通り易い

直接雇用であれ派遣であれ、仕事にかかる責任は同じです。ただ、働き方や休日の希望に関しては、派遣社員の方が融通が効き易いと言われています。介護士の仕事であれば、早出や休日出勤の希望を事前に伝えておくと、意に沿ったシフトにしてくれます。派遣会社の場合、コーディネーターの存在が心強いと言われています。介護施設の上司には言いにくい案件は、まずコーディネーターに伝えてみて下さい。解決方法を模索してくれますし、時には配置換えも考えてくれるはずです。勤務実績が上がると、直接雇用の道も広がります。賃金がアップすることで、仕事に対するモチベーションも上がります。

広告募集中